便箋・紙文具メーカーのエヌビー社&FORON

 > 不祝儀袋の選び方

Fronの慶事マナー御祝儀袋の選び方

金封についてのマナーをまとめましたのでお役立てください。

ご祝儀袋・金封についてのマナーはこちらから

目次

水引の用い方

結び切り

結び切り

結び切りは、一度結んだらほどけない結び方なので「繰り返さない」という意味で、弔事に用います。

(黒白・双銀・双白の水引)

あわび結び

あわび結び

結び切りの一種。弔事に用います。

表書き

悲しみの涙で墨が薄れるとして、薄墨で書きます。
毛筆で書くのが礼儀ですが、筆ペン・サインペンでもかまいません。
表書きよりもやや小さめに氏名を書きます。

1名の場合

1名の場合

短冊の中央に書きます

連名の場合( 2人 )

連名の場合( 2人 )

連名の場合は、年長者順に右から書きます。

連名の場合( 3名以上 )

連名の場合( 3名以上 )

  • 右に代表者の名前を書き、左側に「外一同」と書き添えます。
  • 別紙に、全員の名前を各上、年長の順に右から左に並べて書きます。

社名が入る場合

社名が入る場合

社名は、名前よりやや小さめに書き、次に代表者の名前を書きます。

中袋の書き方

悲しみの涙で墨が薄れるとして、薄墨で書きます、表に旧漢字で書き、裏に住所と氏名を書きます。
※こころつつみシリーズの中袋は、氏名住所・金額・郵便番号・電話番号の表示が印刷されています。

のし袋タイプ

のし袋タイプ1

※こころつつみシリーズでは、裏面に、氏名・住所・金額・郵便番号・電話番号の表示が印字してあります。

のし袋タイプ2

※無地ののし袋で印字がない場合の書き方です。
※弊社製品では、1万~5万円包む不祝儀袋に入っています。

多当タイプ

多当タイプ

※弊社商品では、10万円以上包む不祝儀袋に入っています。

金額の漢数字の書き方

一 → 壱 【使用例】
ニ → 弐 3,000円        
→ 金参阡円
三 → 参 5,000円        
→ 金伍阡円
五 → 伍 10,000円      
→ 金壱萬円
七 → 七 30,000円      
→ 金参萬円
八 → 八 50,000円      
→ 金伍萬円
十 → 拾 100,000円    
→ 金拾萬円也
万 → 萬 300,000円    
→ 金参拾萬円也
百 → 佰 1,000,000円 
→ 金佰萬圓也
円 → 圓

お札の入れ方

お札の入れ方

お悔やみのときに新札を入れると、いかにも用意していたようなので避けるといわれておりますが、現代では新札でも大丈夫です。
新札が気になるなら、折り目を付けてから入れます。封を開けた時に、人物の顔が裏向きで下部にくる様に、不祝儀袋に入れます。

多当の合わせ方

多当の合わせ方①

悲しみを流すという意味で、上側の折り返しを上に重ねます。

多当の合わせ方②

多当の場合、上側の折り返しを開き、下側の折り返しを挟むときちんと止められます。

ふくさの包み方

ふくさの包み方

つめが左になる様にふくさを広げ、袋を表にして中央に置きます。

ふくさの包み方
④の角をとり、中央に折り込む。
ふくさの包み方
②の角を取り、その上にかぶせる。
ふくさの包み方
③の角を取り、その上にかぶせる。
ふくさの包み方
①の角を右側裏に折り返しつめを止める。

不祝儀袋の選び方

宗教、宗派によって使用する不祝儀袋、表書きが異なります。

仏式

ご霊前
img
御佛前
img
お香典
img
お布施
img

※ご霊前…浄土真宗の場合は使用しません。

神式

玉串料
img
お供物料
img
ご霊前
img

キリスト教式

お花料
img
ご霊前
img

無宗派式・宗派がわからないとき

ご霊前
img

入れる金額に合った不祝儀袋を選びましょう

img
印刷多当
(印刷タイプ)
3千円~
img
印刷多当
(加工が入って高級感があるもの)
5千円~
img
水引金封
1万~3万円
img
中金封
5万~
img
大金封
10万~
img
特大金封
10万~100万円

香典金額の目安

贈り先 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代
両親 3万~10万円 5万~10万円 5万~10万円
兄弟姉妹 3万~5万円 5万円 5万円 5万円
祖父母・叔父叔母 1万円 1万円 1万円 1万円
親戚 1万円 1万円~2万円 1万円~3万円
勤務先の上司 3千~5千円 5千円~1万円 1万円 1万円
勤務先の同僚 3千~5千円 5千円 5千円 5千円
勤務先社員の家族 3千~5千円 5千円 5千円 5千円
友人・知人 3千~5千円 5千円 5千~1万円 1万円
隣近所 3千~5千円 3千円 5千円 5千円

—はデータが有りません

不祝儀の種類

こころつつみでは、金封をお選び頂きやすい様、表書きが入れてあります。

御霊前 仏式・神式、キリスト教式のお通夜、告別式に弔問する際に用います。
(殆どの宗派を問わず、お使いいただけます)
※ 浄土真宗の場合はお使いいただけません。
※ 蓮の模様があるものは、仏式に用います。
御佛前 仏式の法要に、忌明け(四十九日)以降に用います。
※仏教では、死者は四十九日の間、霊魂としてさまよい、その後に仏になるとされています。
御香典 仏式のお通夜、告別式に弔問する際に。
御花料 キリスト教式の告別式・法要に。
玉串料 神式の告別式・法要に。
御車代 お通夜、告別式や、その他一般に交通費をお渡しする際に。
御布施 仏式のお通夜・告別式・法要のお寺や僧侶への御礼に。
新盆御見舞 新盆(亡くなってから最初の御盆)の盆提灯代として贈る際に。
御膳料 仏式のお通夜、告別式、法要後の会食に、僧侶が列席できない時に渡します。
御供物料 仏式 ・ 神式 ・ キリスト教式の法要に弔問する際に。宗派を問わずにお使い頂けます。
御塔婆料 仏式の法要で、卒塔婆を立てる時に。必ず施主に渡し、施主を通して僧侶に渡す形にします。
志・銀あわび結び 仏式・神式の香典返し、法要のお返しに告別式などお手伝いしていただいた方への御礼、御車代に。
表書きなし 仏式・神式・キリスト教のお通夜・告別式法要・お礼に。
白無地 僧侶、神官、神父、牧師への御礼、御車代に。