便箋・紙文具メーカーのエヌビー社&FORON

BLOG

> 未分類 > 正解がわかりますか?寿金封の水引にまつわる3つのQ&A

正解がわかりますか?寿金封の水引にまつわる3つのQ&A

2017.04.10


寿金封とよばれる結婚式用の祝儀袋には、購入前に知っておきたいさまざまなマナーがあります。

今回は寿金封の「水引」にまつわる3つのポイントをQ&A形式でまとめてみました。

購入時の参考にしてみてくださいね。

■Q1.寿金封の水引にふさわしい色の組合せは?

A.紅白または金銀

寿金封の水引は、紅白または金銀の組合せが基本です。

しかし、最近市販されている寿金封の中には、ピンクやブルーといった色鮮やかな水引もあります。

カラフルな水引は友人の結婚式など、気心の知れたお式にぴったりです。

新郎新婦が自分より目上である場合は、紅白または金銀の水引。

友人である場合はカラフルな水引というように、シーンに応じて水引を使いわけてみてくださいね。

■Q2.寿金封の水引は何結びが正しい?

A.結び切り又はあわび結び

寿金封には両家が固く結ばれてほしいという願いをこめて、解けにくい結び切りやあわび結びを用いるのが一般的です。

ただ、昨今は金封のデザインも多様化しており、結び切りやあわび結びでないものも多くあります。

金封の結びについて迷った時は、「花結び以外を選ぶ」のがポイント。

金封に花結びを使うメーカーもあるので、注意して選びましょう。

■Q3.寿金封の水引の本数は、何本が基本?

A.10本が基本だが、9をのぞく奇数本であればOK

水引の本数は、陰陽道において陽数とされる「奇数」が基本です。

具体的には、3、5、7、10が用いられ、本数が多い水引ほど丁寧とされます。

ちなみに10は偶数ですが、水引においては「奇数の5を重ねたものである」という説が有力です。

■おわりに
寿金封の水引にまつわる3つのポイントをご紹介しました。寿金封を購入する際の参考になれば幸いです。

同じカテゴリーの記事